【正規逆輸入品】 かもしか道具店 ごはんの鍋 黒 即納 2合

かもしか道具店/ごはんの鍋 2合 黒

4003円 かもしか道具店/ごはんの鍋 2合 黒 住まい・ペット・DIY キッチン用品・食器・調理器具 鍋・フライパン かもしか道具店 ごはんの鍋 黒 【即納】 2合 4003円 かもしか道具店/ごはんの鍋 2合 黒 住まい・ペット・DIY キッチン用品・食器・調理器具 鍋・フライパン 住まい・ペット・DIY , キッチン用品・食器・調理器具 , 鍋・フライパン,poriborton.news,かもしか道具店/ごはんの鍋 2合 黒,/antichrist715605.html,4003円 かもしか道具店 ごはんの鍋 黒 【即納】 2合 住まい・ペット・DIY , キッチン用品・食器・調理器具 , 鍋・フライパン,poriborton.news,かもしか道具店/ごはんの鍋 2合 黒,/antichrist715605.html,4003円

4003円

かもしか道具店/ごはんの鍋 2合 黒

3980円-送料無料|LINEご登録で300円offクーポン
かもしか道具店/ごはんの鍋 2合 黒


お米のうまみを引き出す可愛らしいごはん鍋 かもしか道具店 ごはんの鍋


ごはんが楽しくおいしく炊ける鍋。20分でツヤツヤふっくらのおいしいごはんのできあがり。

ごはんの鍋の大きな特徴は3つ。
1.蒸気の抜け穴がないこと
2.ジャストサイズで美味しいご飯が炊けること
3.吹きこぼれにくいカタチであること

この特徴により、調湿効果がありますので、のこりは鍋ごと冷蔵庫へ。
そのまま電子レンジで温めれば、足りない水分は鍋からもらって、あまった水分は鍋が吸い取って、まるで炊きたての味をお楽しみいただけます。
コロンと丸みを帯びたお鍋に、羽釜のようなデザインの蓋がなんとも愛らしく、 キッチンに置いておきたくなるようなお鍋です。

■釉薬の出方により少々オレンジがかって見える部分もございますが、不良ではございません。
■ご使用の前には、目止めを行っていただくことをおすすめします。目止めは、未使用状態の土鍋やひび割れの予防と、 匂い移りを少なくして、長く丈夫に保つために行うお手入れのことです。目止めの方法は、商品に付属の説明書をご確認ください。
■お手入れは食器専用洗剤を使用し、十分に水洗いしてください。洗う際は柔らかいスポンジを使用して洗ってください。 使用後はしっかりと洗浄し、乾燥させてから収納してください。
■金属たわしや研磨入りの洗剤をお使いになると表面に傷を付ける恐れがありますのでご注意ください。
■底がぬれたまま火にかけると故障の原因になりますので、水気をよく拭き取ってから火にかけてください。
■加熱中および加熱後の鍋、蓋は高温のため危険です。ご注意下さい。必ずふきんや鍋つかみなどを使用してください。
■空焚きはおさけ下さい。
■蓋の隙間から出る蒸気や水は非常に熱いので触れないでください。
■陶器製ですので、落としたり衝撃を与えたりしますと破損する恐れがありますのでご注意ください。
■IH機器ではご使用いただけません。
■原材料の土や釉薬の特性により製品ひとつひとつの大きさ、形状、色、質感、質量に若干の違いが生じます。
■臭いの強い料理は、陶器に臭いが残る場合があります。
■その他の使用上のご注意は、商品に付属の説明書を必ずお読みください。
■基本的にメーカーより取り寄せとなります。在庫状況により入荷まで2週間程お時間を頂く場合がございますので、お急ぎの方は一度お問い合わせ下さい。

かもしか道具店/ごはんの鍋 2合 黒
ごはんの鍋 黒 1合
かもしか道具店/ごはんの鍋 2合 黒
ごはんの鍋 黒 2合
かもしか道具店/ごはんの鍋 2合 黒
ごはんの鍋 黒 3合


かもしか道具店/ごはんの鍋 2合 黒
ごはんの鍋 白 1合
かもしか道具店/ごはんの鍋 2合 黒
ごはんの鍋 白 2合
かもしか道具店/ごはんの鍋 2合 黒
ごはんの鍋 白 3合




暖房および東屋

VISION GLASSおよびリコメンド

かもしか道具店/ごはんの鍋 2合 黒

2合か3合か迷いましたが、2合は2人の食事にぴったりでした。炊き込みご飯を作っても2合くらいがちょうどいいです。いつも冷凍ごはんなどをたくさん作る方は3合のほうがいいかと思います。玄米も炊いてみましたが、とてもおいしくたけました。お水を450cc以上使うと溢れてきてしまってコンロが大変なことになるので、気をつけて使っていきたいともいます。 
練習が必要ですが、やはり土鍋でご飯を炊くという行為自体が、いとおしく、和な心をゆっくりと感じさせてくれます。 これからもたくさん使い込んでいきたいと思います。

P+D MAGAZINEは書店での本との偶然の出会いを、WEB上でも提供するサイトです。
書店で偶然読みたい本を見つけるように、P+D MAGAZINEで素敵な本との出会いを体験してみてください。

△ 本との偶然の出会いをWEB上でも | P+D MAGAZINE TOPへ